星空のゲストハウス

埼玉県川越市からわざわざ車を運転して来てくれた6人の友人を越知町のゲストハウス「縁」にご案内しました。「縁」は越知町の山深い場所にあります。県道を折れて曲がりくねった山道を車で走り「まだ着かない」と心折れること数回、ようやくゲストハウス「縁」にたどり着きました。

築70年の古民家を改装した「縁」は山の頂上付近の開けた明るい場所にあります。

遠くには日高村白髭地区の山も見えます。

客商売の常として、お客さんが満足してくださっているかはいつも心配になります。お世辞にも若いとは言えない今回のお客さんを長い山道を連れてきてしまい正直心配でした。

しかし、そんな心配はオーナーさん母子のきめ細やかな心配りと、仁淀川流域お得意の満天の星空+流れ星が一掃してくれました。川越の皆さんはゲストハウス「縁」に泊まれることを心から喜んでおられました。もちろん日本人は気を使うので本音を言わない場合もありますが、今日の皆さんは必ずリピーターになってくれるはずです。いちおう長年対人商売をやってきた私のカンはたまにしかハズれません。

それにしても飲むたびに名酒「司牡丹」はおいしくなります。たび重なる返杯によって私の血中「司牡丹」濃度が上がっているためか、あるいは普段飲んでいる仁淀川の水と同じ水で「司牡丹」が造られているためか、「司牡丹」がとても愛おしくなっています。

鮎だのツガニだのウナギだの川の名物が食べられなくても、仁淀川水系の水で作られた「司牡丹」を飲んでくれればお客さんには満足していただけるのではないでしょうか。もちろん日本酒が飲めない方には無理ですが。

悲しいことに仁淀川の観光は、星空を代表として天気に左右されるものばかりです。「仁淀川観光を殺すには刃物はいらない、雨の3日も降ればよい」ということわざを思い出します。

ゲストハウス「縁」のキャンプファイヤー。火は水を嫌う(東洋医学の法則)。

コメントを残す