早くも太刀踊りの季節到来です

本来太刀踊りは、本番10月15日の2週間前から稽古を開始するのが700年前からの慣わしです。つまり一年のうちで2週間だけしか太刀踊りはできません。

しかし、今年特別な計らいで今日から稽古を開始してくれました。

10月まで隔週で月2回太刀踊りができます。

私はこの太刀踊りに出会うために日高村に来たんじゃないかというくらい去年はまりました。

長年やってきた合気道を引越しのために止めざる得なかったストレスは、太刀踊りが全部きれいに解消してくれている感じです。

知らない人にとって太刀踊りはただの伝統芸能に分類されますが、これには踊り、武道、教育など人が社会生活や自然の中で生きていくうえで必要な「知恵」が全部含まれています。太刀踊りを通じて知識ではなく体に知恵を覚え込ませることができます。

太刀踊りは中世日本の豊かさそのものです。

高知では明治維新ばかりが大切にされていて江戸時代以前の歴史がほとんどまったく重視されないのが歯がゆいところです。

ダイヤモンドを石ころ扱いして、石ころをダイヤモンド扱いしているような違和感を感じます。

とにかく今年も太刀踊りからたくさんのことを学べる季節が到来しました。

 

写真は今回の東京旅行の思い出、横田基地の「フィラデルフィアチーズステーキ」。




コメントを残す