日高に絵本が集まってきています

職場で一人だけ長い正月休みを取っていた私もとうとう今日から仕事始め。

久しぶりに職場へ戻ると絵本たちが迎えてくれました。

日高村絵本コンクールの締め切りも今月1月31日に迫り、1月に入って応募作品が集まりだしています。ありがたいことです。

すでに、北は北海道から南は沖縄まで、さらにはフランスからも力作が寄せられています。

高知の田舎、日高村は日本中そして世界とつながりました。それはインターネットのようなバーチャルなつながりではなく、絵本という芸術を通した現実のつながりです。

寄せていただいた作品は2月と3月、数回に分けて開催される応募作品展で一般に公開し読んでいただき、審査してもらいます。

たくさんの皆さんに読んでいただくのが今からとても楽しみです。

それにしても何作品集まるのか不安だったので、こうしておかげさまで作品が送られてきますと感慨深いものがあります。

とても分かりづらい募集要項にもかかわらず、作品を送っていただき本当にありがとうございます。

募集要項についてはたくさんのご質問をいただいておりますが、作品を現在制作中の方は、ぜひあまり細かいことにこだわらず自由に創作していただきたいと思います。

募集要項の細かい点は、いざ出版するときに必要となる規定で、後から訂正がきくそうです。

締め切りまで、まだまだ楽しい作品をお待ちしております。

 

写真は絵本コンクールとは全く関係のない最近お気に入りの高岡のうどん屋「きよたき」の温玉ぶっかけ。




コメントを残す