整体にしておけばよかった

ひだか鍼灸院を開業して5か月。

患者さんのリクエストや状態に応じて鍼灸や整体などいろんな治療法を用いてきました。

いちおう「鍼灸」という看板を出しているので、実際に鍼を刺さないと「詐欺だ」と患者さんに言われても困ると思い込み、最初の頃はできるだけ刺す鍼を使ってきましたが、

現在、身体に鍼を刺して施術しているのは全患者さんの1割もいません。ほとんどの患者さんは、服の上からツボを刺激して治療する刺さない鍼、やさしいお灸、整体などで治療しています。

昨日も「鍼をうつぞ!」と気合を入れていらした患者さんに「同じ効果で刺さない鍼もありますよ」と伝えると、即そっちを選ばれました。

結局、どんな方法であれ全身の血行がよくなれば、たいていの症状は勝手に治ってくれます。それなら服を脱いで消毒してなどの面倒のない刺さない鍼や整体の方が患者さんにとっても楽です。

今月まだ5本くらいしか鍼を刺していません。

こうなると鍼灸院という看板が実体と離れてきます。

整体院にすればよかった。

そうすればめんどくさい保健所への届け出もなくて済みました。

鍼灸の方がかっこいいという変な思い込みのせいで店名を選んでしまった結果です。これからは形ではなく実質をみて行動をしないと。




コメントを残す