愛媛と高知の県民性

同じ四国でも4県の県民性はだいぶ違うようです。

今日は太極拳の忘年会でいろいろ面白い話を聞きました。

佐川出身の先生は以前JR四国にいて四国4県の県民性をよく知っています。

いらち(気の短い)の高知人とのんびりしている愛媛の西側に住んでいる人が一緒に仕事をすると大変。

例えば、終電が終わって始発が出る3時間で線路を補修する仕事があると、高知の人間は1時間で仕事を終えて早く帰ろうとします。

それに対して愛媛の人は、3時間あれば3時間をまるまる使って仕事をしようとします。

「途中で飯を食い始めるき、愛媛の人は。そりゃ大変やった。こっちは早く仕事を終えたいやのに。飯食べ始めるんよ。」

それでも先生によれば愛媛、香川、徳島はだいたいみんな同じで高知は特別だと言っていました。

それだけ四国山脈は高い。

この小さな島には驚くほど多様な個性があります。

四国のおもしろさです。

他にも面白い話はたくさんありましたが今日は例によって酔っているのでまたの機会に。




コメントを残す