愛媛で一番新しい柑橘

西条市にある巨大直売所「周ちゃん広場」で、

一番新しい柑橘というポップを貼られて売っていた柑橘を買ってきました(写真)。

柑橘の品種改良のトップランナー、愛媛で一番新しいということは日本で一番、いや、全宇宙で一番新しい柑橘ということになるのでしょうか。

その柑橘の最進化形を先ほど食べてみたのですが、

もうすでにフルーツの限界を突破していました。

一口食べると、どこか高級ホテルのパティシエが創作した上品なデザートのような味わいです。

とろける寸前のゼリーのようなやわらかい食感、濃厚なのにスッキリした甘さ。

みかん一個を食べた軽さはありません。

1500円する小さなケーキを一つ食べたような大きな満足感がありました。

「あすみ」。

数ある愛媛県の柑橘の中で、

この名前だけは絶対に忘れないようにします。




コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。