悩ましい県境

所用のため2週連続で愛媛県西条市に行ってきました。

日高村から車で1時間半。それでも一番近い隣の県です。

高知から隣県に行くのは楽ではありません。愛媛へも香川へも徳島へも、深い山々を超える必要があります。

遠くからみれば四国は小さな島に見えるかもしれませんが、高知と他の3県の間には文字通り大きな山と谷が立ちふさがっています。

車で来ると高知が特別な場所だとよくわかります。深い山と太平洋で隔絶された土地だと実感できるからです。平家の落人伝説もリアルに感じます。

空間的な距離ではなく、東京からの時間的な距離が一番遠いのは北海道でも沖縄でもなく高知の土佐清水市だそうです。

都心から一番遠い県には、古き良き日本の原風景がそこかしこに残っています。ぜひ日本中の人に見てほしい土地です。

しかし仕事や買い物で高知から隣の県に行くときには山が本当に悩ましい存在になります。今日も往復3時間。ちょっとした旅になりました。

写真は西条市のうどん。おいしいうどんは四国の共通語です。




コメントを残す