忘れてほしい紅葉の里

日高村の紅葉の名所、錦山公園は、私の知る限り最近マスメディアで紹介されたことはないはずです。

昔の錦山公園はこの時期、たくさんの人でにぎわっていたと聞きます。

今、錦山公園の紅葉は四国観光の表舞台から消えました。

おそらく四国にはこうして忘れ去られていく紅葉の名所が数多く存在すると思われます。

今は誰もいない真っ赤になった山を探して歩くのも楽しいかもしれません。

今日も錦山公園には私一人。秋を完全独占です。

この贅沢に慣れると、葉っぱの数よりも人間が多い紅葉の名所にわざわざ足を運ぶ気にはなれません。もしこの時期、有名な京都の何とか寺に誘われても「貸し切りなら行ってやるぜ」とついつい上から目線になってしまいそうです。

写真も誰に気を使うことなく撮り放題。錦山公園のおかげで心なしか腕も上がっている気がします。

ついでに錦山公園近くの仁淀川にかかる沈下橋。

さらについでに秋の空

錦山公園を宣伝するのが私の仕事ですが、だんだん誰にも教えたくなくなってきました。




コメントを残す