心配無用の枝豆発芽

夏に好物の枝豆を食べまくろうと一念発起。

わが家の耕作放棄地の一部を3年ぶりに耕し、枝豆の種を植えました。

そこで最初の不安が。

種が発芽した時、雑草と枝豆の芽と区別がつくのだろうか?

私は枝豆の芽を見たことがありません。

畑をきれいにしようと一生懸命雑草を抜いているうちに、せっかく発芽した枝豆の芽を間違えて摘んでしまわないだろうかと心配になっていました。

情報によると、種を蒔いてから発芽まで4,5日。

毎日畑を見ては恐る恐る雑草と思しき芽を抜きながら、もしかしたら今抜いたのは枝豆の芽かもとビビりながら過ごしてきました。

しかし心配は無駄でした。

今日畑へ行ってみると一目瞭然。枝豆の芽と雑草とは似ても似つかぬ完全な別物です(写真)。

ほっとしました。まずは一安心。

それにしても枝豆の芽はデカい。

次の不安は間引き。

情報によると、発芽した三つのうち一つを間引く必要があるそうです。

果たしてそんなことができるのか。せっかく発芽した芽を摘むなんてもったいない。そもそも間引きは絶対にしなければならないのか。

3本の芽を全部成長させて大量の枝豆を収穫することはできないのか、さらに情報を収集する必要がありそうです。




コメントを残す