庭に咲く花

うちに遊びに来ている義母が、庭の雑草の中にエビネ蘭が咲いているのを見つけました(表題写真)。

エビネ蘭というのは初めて知った名前です。

義母がいなかったら他の雑草と一緒に抜いてしまうところでした。

確かによく見てみるとただ者とは思えないたたずまい。

ただ雑草の中にもきれいな花を咲かすものもあり、面白い花を基準にしていたら結局雑草として処分できる草花はなくなってしまいます。

今は施設で暮らしている大家さんのお父さんと、今はなくなっている大家さんのおじいさんはいろいろな場所から様々な植物を持ってきてはこの庭に植えていました。

エビネ蘭もそんな思い出の品かもしれません。

名前が分かったので、周囲の雑草を抜いたりしてこれから大事にします。

続いて、

上の写真は義母が言うにはキクラゲだそうです。

だとするとものすごくうれしい収穫ですが、そんな上品なものではなくもう少しワイルドなキノコのような気がします。

食べる前にもっと調べる必要がありそうです。




コメントを残す