市場の寿司

写真は川崎北部市場にある「鮨あらい」のおまかせ上にぎり。

鍼灸師は出張をするべきではないと言う同業者もいます。

収入が割に合わないからです。

ただ本当に困っている人は家や病院の外へは自力では出られません。

自分の腕を誰かの役に立てたいと思うなら進んで出張するべきです。

それに、

知らない街でふとランチに入った店で、

偶然とてつもなくおいしい料理と出会えることがあります。

そんな嬉しい偶然は一日中自分の治療院にいたらありえません。

今日はそんなついている日でした。

本当においしい寿司でした。

これほどまでにとてつもなくおいしい寿司を行列にも並ばずに食べられるなんて、

今日はついていると言う他ありません。

こんなにおいしい寿司がこの世にあるのかってくらいおいしい寿司でした。

まあ出張する度にこんな贅沢をしていたら収入の面ではとても割には合いません。

破産するんじゃないかと思います。

ところが一向に破産もせず、こうして暮らしていけるのでいつも不思議に思っています。




コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。