川越から本が届く

川越から本が送られてきました。

大野聰克著「ガンは悪者なんかではない」風雲舎(表題写真)。

著者の大野さんは、私が帯津三敬病院で働いていた時代の先輩で、元がんの患者さんでもあります。

入院患者さんに枇杷の葉温灸をしたり、道場で気功を指導したりと、患者さんだけではなくスタッフからも大変信頼されている人です。

30年以上に亘りご自身のガンを克服し、また数多くの患者さんがガンを克服する手伝いをされてきた大野さんにはたくさんのことを教わりました。

まだ読んでいませんが、本にはおそらく現代医学の常識とはかけ離れた内容が書かれています。しかしガンを実際に知っている人が読めば絶対に納得できる内容のはずです。

これから懐かしく読ませていただきます。




コメントを残す