岡山へ牡蠣を食べに行く

「牡蠣を食べに行くなら広島もえいけど、岡山もえいよ。」

と教えてもらい、岡山県備前市日生にある五味の市へ行ってきました。

朝6時に日高村を出発して着いたのが9時。BBQ会場受付にはすでに行列ができていて、何時からやっているのか、こんな早朝なのに宴たけなわのグループも数組。

市場で牡蠣を買って、BBQコーナーで焼いて食べるシステムで、飲み物食べ物の持ち込みもOK。知らなかった私たち夫婦は、飲み物もなくひたすら牡蠣だけを食べ続ける、はたから見たら相当な牡蠣ツウと思われたはずです。

これでまだ10時。BBQコーナーはあっという間に満員に。

日生のカキは、日高のシュガートマトのようにブランドだそうで、殻は小さくても中身はでっぷりと太っていて生臭さがまったくなく、爽やかなコクがあります。2000円のかごを買って30個ほど入っていましたが、二人でペロっとやっつけました。

市場には海苔屋さんもあって、日生産の海苔も一袋10枚入りで200円。色が薄いのでおいしそうには見えませんでしたが、食べてみると海の香りがします。海の恵みを食べているようで、これからは海苔は日生産にしようと決心しました。

 

どうしたわけか昔から岡山には縁がなく、高知に来ても岡山には何もないと勝手に思っていました。数十年前、大学時代の友人が岡山に転勤になるというので、みんなで集まって飲んだ時も誰一人岡山に何があるのか言える者がおらず、転勤する友人でさえ岡山について知っているのはきび団子だけ。

「今度東京に帰ってきたら、きび団子を買ってくるよ。」と言われて、みんな「俺たち犬、猿、キジじゃねえよ。」と笑ったのを覚えています。

岡山にこんなにたくさん面白い場所があるのは高知に来て初めて知りました。

倉敷とか、日生とか、備前焼とか、きび団子とか。

噂ではデカい朝市もあるそうです。

高知に来てから行ってみたい場所がどんどん増えていきます。




コメントを残す