小さなカタツムリ大発生

梅雨に入ったとたん蒸し暑くなっています。

東京から帰ってくると、裏庭の石垣に小さなカタツムリが大発生していました。見たところ10匹以上。

大部分はこの厳しい自然に生き残れずに死んでしまいます。しかし運よく生き残ることのできたタフなやつは大きく成長し、去年は30㎝もの巨大カタツムリを見ました。

ところで日高村はカタツムリの聖地です。

なんとかという名前のすでに絶滅したと思われていた貴重なカタツムリが何年か前に発見されたこともあります。

このカタツムリは成長しても1ミリくらいの大きさで、知らずに踏みつぶしてしまってもわかりません。

カタツムリに興味のない私たち凡人は、すでに生きた化石を何匹も踏み殺している可能性もあります。

日高村がたとえ聖地であっても、カタツムリにとって厳しい自然であることには変わりありません。




コメントを残す