子どものためのかつおのたたき

あたりまえですが、高知においしいかつおのたたきを食べさせる店は星の数ほどあります。

ただ東京から来た大人数の子どもたちを案内できる店はあまりありません。

ひろめ市場はタバコ臭いし、市内の有名店はたいしてうまくないし。

絶対みんな満足してくれるのは土佐久礼大正市場のかつおのたたきですが、あそこの店はみんな狭い。

他に考えられるおいしいかつおのたたきの店はことごとく居酒屋で夜営業ばかり。

相手は子どもなのでそれほど味にこだわらなくてもよいのかもしれません。

実は私も魚の味についてわかるのは、生臭いか臭くないかだけ。

基本的に高知に生臭い魚は売ってないので、結果どこで何を食べてもおいしいということになります。

ただ、中土佐町のかつおのたたきは別格です。

あれは鰹節のエッセンスを食べているような旨味と風味のかたまり、魚を超えた魚です。

東京では絶対食べられないので、子どもであってもぜひ食べてほしい、といろいろ店を探していたところ、今日見つけました。

土佐市の稲月(表題写真)。

さすが港町のかつおのたたき。味オンチの私でさえ文句なしに圧倒される本物のうまさ。

飛行機に乗ってやって来る子どもたちを連れて行けるよい店を見つけました。

値段は時価。うまいカツオなのでしかたありません。




コメントを残す