大滝山の未来

「この場所が好きで仲間と手入れをしていたら、いつのまにか20年経ってフットパスとして全国に広がっていました。」

以前フットパスを学びに東京都町田市小野路を訪問したとき、代表の方が話してくれました。

20年後大滝山がどうなっているのか。

フットパスのようにたくさんの人でにぎわっているのか。

希望的観測をすることはできますが、そんなことよりも今、大滝山から見える景色に見とれています。

手を切り傷だらけにしながらシダを刈るのも、ただ単に楽しいからです。

気持ちとしてはフットパスを始めた頃の人たちと同じです。

大滝山の場合は、もしかしたら20年後も今と変わらず静かな山かもしれません。

それでもかまわないと思えるくらい今の大滝山は魅力的です。

今日は住職の谷さんが愛用の鎌を研いでくれました。

研ぎ前

研ぎ後

輝きと切れ味が全然違います。ありがとうございました。

護国寺のホームページはこちら




コメントを残す