大混雑のスーパーマーケット

外出を自粛している私には知るよしもないことなですが、

風の便りに今日はスーパーが大混雑だったと聞きました。

今日は年金の受給日だったために老人の皆さんが大挙して買い物に押しかけ、歩く隙間もなかったそうです。

おりしも今日は、国に雇われたコロナの専門家が、何もやらなければの条件付きながらこれから40万人の人が死ぬと大胆予想。

それでもスーパーに詰めかける多摩の老人たちには専門家の言葉は届かなかったのかもしれません。

だいたい専門家も政府も、コロナを収束させようとする本気度には疑問があります。

本物の専門家なら「なにもしなければ」なんて現実にはありもしない条件ではなく、今の現状でこれから何人死ぬのかを責任をもってしっかり予想すべきでは?

なぜ専門家は、存在もしない条件を元に計算した架空の数字で社会を脅迫するのでしょうか?それもこの時期に。

自分を偉そうに見せたかったのか。

加えて、政府は数百億の予算をかけて各家庭に布マスクを2枚配布。

どうしても遊んでいるようにしか思えません。

もしかしたらコロナなんて本当はたいしたことないんじゃないか。

専門家と政府の行動を見ているとそう思ってしまいます。




コメントを残す