多摩市の新特産品

葛だらけの荒れ地の一部を草刈りすることになりました(写真)。

草刈りに関しては高知でがっつり仕込まれたので、刈るだけなら喜んでいくらでもやります。

だけど刈った草はそのまま放置です。

集めてゴミ袋に入れて、燃えるゴミの日に出すのは大変なので勘弁してください。

ましてや土の中の葛を掘り起こし処分するなんてもってのほか。

高知でもそこまではやったことがありません。

日高村の地域草刈り大会でも刈った草はそのまま放置でした。

そのようなわけで草刈りだけ、喜んでやらせていただきます。

その他の面倒な仕事をどうしてもやりたいのでしたら、みんなで一緒にやりましょう。と言っています。

なので結局刈り取った草は、枯れて土に還るまで放置になると思います。

それにしても多摩市は葛だらけ。

道路の中央分離帯をはじめとして空き地という空き地は、すべて葛に占領されているといっても過言ではありません。

高知県日高村にはトマトという強力な特産品がありましたが、

見たところ多摩市には特産品と呼べるものがなさそうなので、この葛を特産品にしてみたらどうでしょうか?

多摩市中の葛の根っこを掘り起したら、相当大量のくず粉が収穫できる気がします。

多摩市の新名物「丘陵葛もち」、なんていかがでしょう?

まあそんなのが完成しても私は食べません。

なんだか排気ガスくさそうで、すごくまずそうなので。




コメントを残す