多摩市と日高村どっちが広いか

多摩市と日高村はだいたい同じくらいの面積ではないだろうか?

多摩を車で走っていてふとそんな疑問が浮かびました。

誰にとってもどうでもよいことで、こんなことを気にするのはおそらく日本中で私一人。でも気になります。

というのも、日高村は「通り過ぎるだけの村」と言われるくらい小さく、知らない人が車に乗っていの町から橋を渡り村に入るといつのまにかもう佐川町。「日高村オムライス街道ってどこ?」とよく聞かれました。

多摩市も同じで、橋を渡って多摩市に入るとすぐ八王子市や日野市になります。

「よく似ている。きっと面積も同じくらいに違いない」

そこで家に帰ってウィキで調べてみると、

日高村44.88平方キロメートル

多摩市21.01平方キロメートル

日高村は多摩市の倍の広さがありました。

ま、世界一どうでもよい情報ですが、私にとっては驚きです。

なんなら多摩市の方が日高村よりも少し大きいだろうと思っていたので。

多摩市は日高の半分しかない。

いったいこの狭い面積に何人の人が住んでいるのか。

日高村の3倍くらいだろうか。

さらにウィキ。

日高村   4,775人

多摩市 147,832人

もう計算機がないと何倍かわからないほど大きな差が。計算すると約31倍。

おそらくこの宇宙で誰一人として関心のない話になりますが、

つまり多摩市は、日高村の半分しかない狭い土地の上に、日高村の31倍もの数の人間が住んでいます。

どうりで息苦しいわけです。

多摩市の道にやたら汚物が落ちている理由もようやくわかりました。

 

追記

日高村の人口は5000人弱だと思っていましたが、いつの間にか4000人台に。人口減少、意外なほど進んでいます。




コメントを残す