埼玉と四国の共通点

私の準ふるさと埼玉と四国には少なくとも2つ、共通点があります。

両方ともうどんとうなぎがおいしい。

埼玉に住んでいる頃は埼玉こそがうどん県。日本で一番おいしいと思っていました。

四国でうどんの洗礼を浴びた今は讃岐うどんが世界で一番になっています。

それでも肉うどんではない埼玉の肉汁うどん。今でも時々懐かしく思い出します。

そしてうなぎ。

川越にも老舗が何軒もあり、川の王国高知もおいしいうなぎ屋がたくさんあります。

埼玉時代、職業柄ありがたいことにうなぎをごちそうになる機会も多々あり、うなぎの味については少々知ってるつもりでいました。

先日高知市春野で食べた「かね春」のうなぎ(写真)は別格です。

今まで食べたどのうなぎよりもおいしくどのうなぎとも似ていません。

皮はサクサクで身はふわふわ。これは特別なかば焼きに違いない。

と密かに思っていましたが、地元高知の人は確かに行列はしますがそれほど「かね春」のうなぎに熱くなっていません。普通においしいうなぎって感じでいたってクールな反応です。

高知ではこの程度のうなぎは当たり前なのか?

高知に来て3年。食べたうなぎはかね春だけ。埼玉のことはすっかり昔になってしまったこともあり、あんまり大声でかね春がおいしいというのも川魚通の人たちに「自分はうなぎをよく知っているぞ」と勘違いな自慢しているようで遠慮していました。

ところで昨日テレビで東京から来た芸人がかね春のうなぎを大絶賛。

やっぱりそうでした。そのグルメ芸人によるとかね春は全国的にみても特別おいしいそうです。

またお金を貯めて食べに行きます。




コメントを残す