土佐山田へナッツバターを買いに

土佐山田にとてつもなく本格的なナッツバターの店があると聞きました。

DADA NUTS BUTTER

噂によると店主の女性はナッツの道を究めるために世界の危険地帯を渡り歩き勉強してきたそうです。

ナッツバターといえばピーナッツバターしか知りませんでしたが、ここにピーナッツバターのようなありふれたものはありません。

ラインナップはアーモンドとカシューナッツとクルミ。

混ざりっけなしの厳選素材100%と少量の塩だけで作られたバターです。

実はこういったものをどうやって食べていいのかよくわかりません。それでもナッツ類は大好きなのでわざわざ土佐山田くんだりまで行くことにしました。

 

それに、土佐山田にはまだ一度も会ったことがない友人も住んでいます。

同じ時期に私たちと同じく埼玉県川越市から移住してきた人です。フェイスブックで何度かやり取りをしていながら今まで一度も会ったことがありません。

懐かしい川越話に花を咲かせたいと思いながら月日の過ぎること2年余り。

今日は職場を訪ねて挨拶だけでもしていこう。そう思って土佐山田に着きましたが、残念、土佐山田は意外と広く職場の場所が分かりませんでした。

時間もなかったので友人との初対面は今回も断念。

 

さて、ナッツバターの店ではカシューナッツとアーモンドを味見。

川越のことを思い出したのかもしれません。クルミは秩父のクルミそばを食べたことがあるので知っていると勝手に思い込み味見しませんでした。

今これを書きながらクルミも食べてくればよかったと後悔しています。

カシューナッツもアーモンドもものすごく濃厚で甘く贅沢な味です。

1瓶1000円くらいするので両方は諦め、より甘いカシューナッツバターだけ買ってきました。

問題はどうやって食べるかです。

店主はパンに塗ってもいいし、胡麻和えみたいに使ってもいいし、どんな料理にも使えると言います。

しかし料理に混ぜてしまうのはもったいない。私はスプーンにすくってそのままでデザートとして、あるいは酒のあてとして楽しむつもりです。

さっきやってみたら、ナッツバターは疲れを回復する薬にも使えそうな気がしました。

写真はナッツバターのラインナップ。




コメントを残す