四国から海外へ

「正月は海外ですか?」

ここ数日何度か聞かれました。

ハワイやラスベガスなど外国へ行く予定はないので、そう答えていましたが、今日の夕方になって質問の意味がようやく判明。

ここ高知で海外へ行くと言えば、四国の外へ出ること、瀬戸内海を超えるという意味もあります。

はい。今年の正月は海外へ行きます。フェリーで海を越え九州をドライブして温泉巡りをする予定です。

九州に車で行けるのは西日本に住む醍醐味でもあります。関東から九州へは飛行機でなければ行こうとも思わないほど遠いので、自分の車で阿蘇を走るのが四国に来た時からの夢でした。

フェリーに乗るのもどちらかと言えば四国ならではの体験です。関東時代、フェリーに乗ったのは大島へ行ったとき。普通は一生に一度も乗らなくてよい乗り物でした。

四国のフェリーはどちらかと言えば普通の交通手段。関東ではありえない旅の楽しみです。

そんなわけで今年の正月は生まれて初めて船に乗って海外へ。贅沢な新年を迎える予定です。

写真は伝説の「りっちゃんくのおでん」。最近では限られたイベントでしか食べることができません。日高村に暮らし始めてようやく「りっちゃんくのおでん」に出会えました。噂通りの激ウマ。




コメントを残す