和牛

和牛をいただきました。

すき焼き用ですが滅多に食べられない良い肉です。

焼肉で食べることにしました。

やっぱりこういった肉はタレとかつけず、塩とわさびでシンプルに食べるのがよいのではないか。

わが家はそんな意見でまとまり、スーパーへ行って良いわさびをゲット。

もしここが高知ならこんな良い肉は外で炭火です。

しかしこの辺りの狭い住宅街では煙を出せないのでホットプレートでがまん。

それに外で和牛を焼いて近隣に匂いをプンプンばらまくのも、見せびらかしているようで気が引けます。

家の中でひっそりと焼肉を楽しむことにしました。

食べるとやはりおいしい。脂が甘いとはまさにこのこと。

本当に甘い。

和牛はその辺の牛の肉とはまったくの別物です。

ところが一枚食べただけで胃が重くなりました。

脂がキツイ。

胃が悲鳴をあげてもう脂を受け付けてくれません。

まったく歳を取りました。

滅多に食べられないおいしい肉です。頭では食べたい、どうしても食べたいのに胃は激しく拒否します。

一つの体の中で矛盾しぶつかり合う二つの思い。

結局、悲鳴をあげる胃を無理やり黙らせ、いただいた400g全部をおいしくいただきました。

おかげで食べ終わってから数時間たった今でもまだ胃が重く、無理やり食べたことを相当怒っているようです。

胃の機嫌はしばらく直りそうにありません。




コメントを残す