合理的な怖がり方

テレビを観ていても、今度の新型肺炎ウィルスとどうやって付き合ってよいかわかりません。

日本での流行り方とのんびりした対応を見ていると、たいして怖れる必要はないように思える反面、

中国では巨大な都市がまるごと封鎖されるほどの怖がり様。

どちらが正しいのか。

そもそも日本の新型と中国の新型は同じものなのでしょうか。

ネットニュースを熱心に見ている友人は、メディアが真実を報道していないと言います。本当かな?

どちらにせよ、

治療薬があるわけでもなく、それなのにコロナだけでなく他の病気を持った人も大勢集まって来る「病院」へ近づかないことが、私たちのできる最も合理的な予防手段だと思います。

私は10年病院に勤務しましたが、病院へ通っている人に健康な人は一人もいませんでしたし、

病院で運よく病気が治った人はいても、健康になった人は一人として見たことがありません。(ただし交通事故やスポーツのケガは別です)。

健康な人はいつも必ず病院の外にいて、

病気は病院へ行かなくても治ります。


コメントを残す