南国土佐に雪が降る

日本中が大寒波に見舞われている中、南国土佐にも今日雪が降りました。

短い時間で積もりはしませんでしたが、結構な大雪です。

東京で雪が降るとテレビが大騒ぎする一方、高知ではほとんど報道されることはありません。

日本で一番天気を気にして生きている近所の友人から雪におびえるメールが一通届いただけ。静かなものです。

外からテレビを通して東京の雪を見ているとみんなパニックになっているようにみえますが、実際に暮らしていると、いたって静かなものでした。

普通に雪道で車にも乗っていましたし、普通に雪道を走って仕事にも行きました。もちろんノーマルタイヤです。一年に一回降るか降らないかの雪のためにタイヤを代えるなんてもったいないことはできません。スキーもノーマルタイヤで行きました。

テレビはとかく大げさになりがちです。

高知もやたら田舎っぽく報道します。しかし住んでみるとそれほど田舎ではありません。私の出身地東京八王子とよく似ています。まあ八王子は田舎ですが。

テレビを観ていると高知といえば坂本龍馬とよさこいと鰹のたたきしかないようです。もちろん高知はそれだけではありません。よさこいにはアンチもたくさんいますし、最近の坂本龍馬への再評価に納得する人もいます。

しかし鰹のたたきが嫌いな人とは会ったことがありません。鰹のたたきはおそらくすべての人が好きです。

この点、関東の人に申し上げたいのは、関東で食べる鰹のたたきは高知で食べる鰹のたたきとは全くの別物だということです。同じ料理名でこれほど味の違いがある食べ物も珍しいのではないでしょうか。

本物の鰹のたたきは高知でしか食べられません(たぶん)。

とにかく、テレビで観る以上に高知の魅力はもっとバラエティに富んでいます。テレビで高知が出るときは必ず桂浜が出ますが、高知の魅力はむしろ桂浜の外にたくさんあります。

表題の写真は今日、土佐市高岡で見つけた蜜が溢れている焼き芋。家に帰ってみてみたら地元日高村の人が作っていました。

干し芋の高知名「東山」は、坂本龍馬、よさこい、鰹のたたきに続く高知名物になるのか、それはテレビでの取り扱い次第です。




コメントを残す