南国の雪山

昨年10月から始めたお遍路さん。1年もあれば2周くらいできるんじゃないかとのぬるい目論見は見事に外れ、今はまだ今治をうろついています。

四国というのは遠くから見ると小さな島ですが、住んでみるととても大きな島です。日本で見ることができる景色ほとんど全部四国の中にあります。

この季節、南国高知から北へ、車を1時間も走らせればもう雪山を見ながらのドライブに。青く輝く太平洋の次に見える景色がアルプスのような雪山。瞬間移動しているかのような錯覚を覚えます。

四国の道はおよそ飽きるということがありません。大昔、弘法大師さんが四国を修行の場所に選んだ気持ちがよくわかります。

仙遊寺から瀬戸内海を望む。

のどかな今治市街と海には白い船が光っています。残念ながらこの写真ではよくわかりません。

日高村名物「蛇紋岩」。

岩なのにとてももろく、手で持って崩すと砂に変化。

四国は珍しい地層の宝庫で、土の多様性が豊かな自然を支えています。




コメントを残す