初めてのチョウトンボ

チョウトンボ(写真上)。

蝶のような羽を持ち、蝶のように飛ぶトンボ。噂に聞いていたトンボを今日初めてメダカ池で目撃しました。

数年前までは日高村メダカ池にたくさんいたそうですが、最近は数が激減しているそうです。

多くの人がここ数年の気候は異常だと言います。

しかし異常さの原因については一致した意見がありません。

地球の温暖化が原因だという人もいれば、温暖化なんてないという人もいます。

そもそも明日の天気もコントロールできない人類が、気候を正常化することなど可能なのか。

地球上の二酸化炭素の量を減らそうと世界的な取り組みがなされていますが、植物にとっては今の地球上の二酸化炭素は少な過ぎるという話を昨日聞いて、目からウロコでした。

確かに植物の成長には酸素よりも二酸化炭素が必要です。

そんなことを知ってか知らずかメダカ池のチョウトンボは優雅に飛んでいました。




コメントを残す