冷たいのと温かいのと

どちらのうどんにするか悩む季節になってきました。

今日の昼、いつも行っている土佐市高岡の「きよたき」で選んだのは温かい醤油うどん(写真)。

醤油うどんというのは、そのまんまのうどんにお好みでだし醤油をかけて食べるシンプルなものです。出汁が飲みたくてかけうどんを食べるとき以外、最近はもっぱらこればかりを注文しています。

関東で丸亀製麺へ通っている頃、主に注文していたのはぶっかけうどん。これは最近めっきり食べなくなりました。醤油の塩辛さがきつく感じるようになったからです。

醤油とマヨネーズ。

関東に住んでいる頃はこの二つの調味料が大好きだったのに、高知に来てからはなぜかあまり食べなくなりました(好きなのは変わりませんが)。

醤油うどんも、醤油といいながら主にかけるのはレモンやゆず酢、醤油は少しだけです。

刺身は醤油を食べるため、お好み焼きはマヨネーズを食べるための道具に過ぎず、その他なんにでもたっぷり醤油やマヨをかけて食べていた関東時代が遠い昔に感じます。たまごかけご飯なんて厳密に言えば醤油かけご飯でした。

醤油は江戸時代から続く川越の醤油屋さんが作ったものを買い、「コレステロールの少ないマヨはうすい」などと言って昔ながらのキューピーオリジナルを買っていました。

唐揚げは、醤油とマヨネーズと七味を同時に楽しめるので大好きだったあの頃。唐揚げの味なんてどうでもよかった。

それが今、家の冷蔵庫にマヨネーズがあるかどうかも知りません。スーパーで買ってきた一番安い醤油も冷蔵庫の片隅でいつまでも減らずにいます。

素材の味がうまいと調味料はどうでもよくなるようです。

高知に来て、むね肉の唐揚げがうまいのを初めて知りました。

振り返ってみると、

関東のうどん屋に醤油うどんはメニューになかった気がします。

これはうどん自体がよほどおいしくないと醤油だけでは食べられません。考えてみたら贅沢なメニューです。

一杯300円程度。安い店なら200円台で食べられます。




コメントを残す