冬空の春

昨日の大雨と今日の北風が、空から春霞を吹き飛ばし、春にはめずらしい透明な空が帰ってきました。

今日は冬のように多摩からでも富士山がよく見えます。

こちらに戻ってきてよかったことといえば、ただひとつ富士山がどこからでもよく見えることぐらいでしょうか。

ないものねだりで、高知の山に富士山がないのを寂しく思っていたものです。

この表題の写真にもいちおう富士山が写っています。

雪が被った山々(たぶん丹沢)の右の端、ちょこっとだけのぞいているひときわ白い頂上が富士山です。たぶん。




コメントを残す