冬はさびしき

気温が下がるにつれて虫もカエルも野鳥も鳴かなくなり、昼間がやたら静かになりました。

自宅でひとり仕事をしていると何も聞こえない静けさが身に沁みます。

ところが今日に限ってやたらに虫もカエルも野鳥も大騒ぎ。

家の前を流れている小川をこれから護岸工事する業者さんがおおぜいで家の状態をチェックしに来たために、生物たちも興奮したのでしょう。

虫もカエルも野鳥もよく鳴きよく飛びました。

鈴虫もいたような。

ところで大家さんに言わせるとこの家は斜面に建っているので、護岸工事で震動が加わると崖側の部分が崩れ落ちるおそれがあるそうです。

そのため大家さんは業者さんに地盤に崩壊防止の鉄骨を無料で入れるよう依頼していましたが、業者は難色。

護岸工事が始まっても始まらなくても、家の庭にある裂け目は徐々に拡大しています。家崩壊の日は刻一刻と近づいているようです。

みんなが帰ってしまうと生物たちもまた静かになりました。

冬は寂しいものです。




コメントを残す