冬のような春

寒い日が続いています。

桜が咲いているのに気温は冬。朝晩は寒くて震えるほどです。

陽の出ている日中は暖かさを感じますが風は冷たいまま。強力な土佐の陽射しでも温められない風は、春になるのを拒んでいます。

おかげで雑草の伸びは悪く、雑草の王者と勝手に命名したカラムシも今年は茶色く元気のないのが小さく伸びているだけ。

助かります。

ただもう少し暖かくなってくれないと、くしゃみをしても風邪を引いたのか花粉症になったのか分からずに困っています。




コメントを残す