八王子のラーメン専門店竹の家

八王子に古風なラーメン屋を見つけました。

暖簾をくぐるとすぐ左側にお婆さんが座っていて、ここでまず食券を買うシステムです。大昔にあったデパートの食堂のよう。

お婆さんはお釣りとプラスティックの食券を私に渡すと、

「チャーシューひとつ!」

と店中に響く大声で怒鳴ります。

私は自分がチャーシューになったかと思いました。

そして穏やかな声で「どうぞお好きな席へ」。

 

何度食べても食べ飽きないスッキリしたさわやかな味。

今日のように寒くて風の強い日には熱いラーメンがよくしみます。

竹の家外観

オートボイル式?釜玄の?謎の言葉が並ぶ看板。




コメントを残す