元のら犬シロと再会

久し振りにのら犬のシロと会えました(写真)。

今は飼われているので「元」のら犬です。

ずっとのら犬として生きてきたシロでしたが、数か月前イノシシの罠にかかり右後ろ脚を切断。親切な人に救助され手術を受けその家の犬となりました。

決して人を近寄らせなかったシロ。今では飼い主に心を開き首輪も付けています。

私とシロとの再会は一年振りです。車で近寄ると覚えてくれているようで、立ち上がりこっちを見ています。

逃げられてさみしい気持ちになるのが怖くて車からは出ずに中からシロに声をかけてみました。

心なしか私を見て懐かしいような、うれしいような、そんな表情を浮かべています。

右後ろ脚がなくても元気に暮らしている様子。ほっとしました。

すでに日高村は冬の風が吹いています。ただ今年のシロには温かい家があります。




コメントを残す