今日、秋になりました。

今朝起きると季節は秋になっていました。

昨日まで真夏日だったのに、今朝はカエルも凍える寒さ。

やけに太っています。虫の食べ過ぎか、妊娠しているのか。

 

東京の人には申し訳ないくらい、高知は穏やかでよく晴れた夏を過ごしました。

よさこい、阿波踊り、花火大会、川遊び、昨日までの夏がもう懐かしい。

明日朝起きたら季節がまた夏に戻っていてもかまいません。

 

明日は昼間、港町須崎へ新子祭りに行く予定です。

新子とは、カツオだかマグロだかの子どもで、この季節だけ、ここでしか食べられない貴重な魚です。

須崎で買って日高村に持って帰る30分ほどで色が変わってしまうほど、足の早い魚だと聞いています。

東京の人には申し訳ないのですが、関東では絶対に食べることができません。築地に着く頃にはすでに恐ろしい状態になっているはずです。

海のそばに住んでみてわかるのは、こういう地元でだけ消費される魚は高知だけではなく日本中にけっこう多くて、築地経由のものしか食べてこなかった私は今までどんな魚を食べていたのだろうと悲しくなります。

まあ、特に魚がなければ生きられないほど好きではないので、悲しさもたいしたことはありませんが。

こんなことを言いながら明日、水揚げがなければ私も食べられません。




コメントを残す