仁淀川インターナショナル

昨日は土佐市でフランス人の経営するフランス料理店でランチ。

今日は佐川町でインドの楽器シタールの演奏会。

日本の超山奥という印象がありますが、仁淀川流域は意外と国際的です。

シタールの演奏を聴いたのは今日が生まれて初めて。

とても不思議な時間でした。

はじめに演奏者さんから「1曲目は30分」と話があり、正直「長いな」と。畳の部屋で胡坐をかいていたので足が痺れて腰が痛くなるのが心配だったのです。

1曲目の演奏は始まってすぐに終わりました。

「あれ?早いな」と思って時計を見ると確かに30分経過しています。

こんな感じで1時間の演奏会は、感覚的には5分くらいで終わりました。

プチ浦島太郎体験です。時間を超えた演奏会でした。

 

写真は妻が職場でもらってきたNHKのど自慢大会の参加記念品。

高知を舞台に熱戦が繰り広げられたそうです。




コメントを残す