仁淀川と鮎の微妙な関係

遠方から仁淀川の清流を求めてくる人は、美味しい鮎や川魚を食べたがります。

ところが日本一の清流でも本物の鮎は貴重で、天然物はなかなか手に入りません。ウナギなどは絶滅が危惧されているくらいです。

なので美味しい鮎を食べたいお客さんが来るととても困ります(写真は、屋形船仁淀川で予約すると食べられる美味しい鮎)。

そもそも、地元で川魚を食べたがる人とあまり会いません。夢中で鮎を釣りたがっている人とはしょっちゅう会いますが。仁淀川でもみんな海の魚を食べたがります。

仁淀川では、鮎は食べるよりも釣るものです。

そのため仁淀川の鮎の大部分は、養殖して放流したものが大部分になります。味は落ちますが、釣り人にとっては味よりも数なので、それでよいのです。

おかげで仁淀川には鮎はたくさんいます。

しかしこれが理想の生態系なのかはわかりません。「昔はもっと鮎がいた」と言う人が多いので、もしかしたらもっと養殖鮎を放流してもっと増やした方がいいのかもしれません。ただ美味しい天然アユは少なくなってしまいます。

分からないと言えば、

これほど流域人口が多い仁淀川が水質日本一なのも、実は理由がよくわかっていません。豊かな森があるからとも言われますが、基本的に他所と同じく植林された森が大部分ですし、流域の自治体や人が特に水質の保護に熱心であるわけでもありません。

それでもなぜか仁淀川が日本一になるので「奇跡の清流」というキャッチフレーズが付くのでしょう。

100年後もこの奇跡が続くことを願います。




コメントを残す