仁淀ブルーは雨が作る

今日は仁淀川がやけにきれいでした。

写真は上流ですが、中流も下流も今日はエメラルドブルーまたはグリーン。

仁淀ブルーと呼ばれる独特の美しさで川は輝いていました。

仁淀川の水質が日本一に選ばれるほどきれいな理由は、勾配が急なためにちょっとの雨でもすぐに増水するので、川の汚れが溜まらずに海へと流れていってしまうからだと聞いています。

先週の豪雨がだいぶ仁淀川を掃除してくれたようです。

この川の美しさが、あの恐ろしい被害をもたらした豪雨の置き土産だと思うと、今回ばかりは仁淀ブルーを無邪気に楽しむ気にはなれません。

何事もなかったかのように流れる水が薄情に映ります。

 

それでも明日は川越から以前の職場の仲間が来高。

豪雨を知らない埼玉の皆さんには仁淀ブルーを楽しんでもらえそうです。




コメントを残す