仁淀ブルーに憧れて

学生時代の親友が家族を連れて遊びに来ました。

十数年ぶりの再会です。

偶然、何年も前から仁淀ブルーに憧れていて、私が仁淀川に住んでいると知り、この機会を逃すまいとあわてて航空券を予約してくれました。

それが確か2月のこと。彼ら家族は他の観光客とは気合いの入り方が違います。

仁淀ブルーという言葉は地元の私たちにとっては馴染み深い言葉ですが。意外と県外では知られていません。

仁淀川に来てここは四万十川だと思っている観光客も大勢います。

友人家族はテレビで仁淀川を見て心底この川に惚れ込んでくれました。

絶対この目で仁淀ブルーを見るぞ。

彼らは明日、安居渓谷、中津渓谷、にこ淵ついでにUFOラインを巡ります。

天気予報は晴れ。

最高の仁淀ブルーが見られるはずです。

写真は去年の中津渓谷。

コメントを残す