ワクチンVSコロナ

ワクチンを打って免疫を作るべきか、あるいは自然のコロナウィルスに感染して免疫を作った方が良いのか。

どちらがより安全でメリットがあるのか考えています。

どこかの研究所で遺伝子操作されたコロナウィルスを、金属が入っているかもしれない添加物と一緒に直接血液中に注射で打ち込むワクチンは、どう考えても恐ろしい。

人間本来の自然に反しています。

こんな危険な代物をどうやったら信用できるというのでしょう?

私は、空気中に漂っている天然自然のコロナウィルスを口と鼻で吸い込み、体の中で自然に本物の免疫を作る方を選びます。

こっちの方がよっぽど安心できます。

ただ、

天然のコロナウィルスに感染し、万が一重症化してしまったような場合には、バイ菌人間として隔離され、家族と会うことも許されず一人で死なねばならない恐怖があります。

それは耐えがたい。

一方ワクチンを打った後に何らかの原因で体調が悪化し死ななければならなくなっても、

たとえその原因がコロナウィルス感染であったとしても、ワクチンの信用を守るためきっとコロナのせいにはされないでしょうし、もちろんワクチンのせいにもされないはず。

そのおかげで家族に囲まれ、バイ菌ではなく人として死ぬことができます。

果たしてワクチンを打つべきか、悩むところです。




コメントを残す