リサイクルショップの閉店大セール

近所のリサイクルショップが明日閉店します。

そのため今日は店内全品90%オフ!

かねてから目をつけていたアンプとCDプレーヤーと昔のビデオカメラを激安9割引きで買うつもりです。

リサイクルショップの定価で買えば全部で3万円くらい。

それを3千円で買ってきます。

ところが、いざ店へ行ってみるともう商品はほとんど何もありません。

時すでに遅し。

9割がたの棚はすでに空となっています。

午後お昼を食べてからのんびり出かけたのが失敗でした。

アンプ、CDプレーヤー、ビデオカメラなんてすでに影も形もなし。

(いったいあんなもの誰が買ったのでしょう?どう見てもピアノを弾きそうもない作業着を着たおっさんが戦利品のようにキーボードを抱えて店から出てくるのを見たところから判断すると、必要もないのに安いからという理由で買われていったと思われます)。

かろうじて残っていたのは山と積まれた売れ残りのCDとDVDだけ。

どんなに安くても誰にも買われず誰にも見向きもされないCDとDVDの山。

手ぶらで帰るのも悔しいので、

一枚10円くらいのCDの山の中から、それでも4枚掘り出し物を買って帰ってきました。

けっこういいCDです。

学生の頃、車の中で何度も何度も聞いていたCDです。

このCDを聴きながら海へ行ったり山へ行ったり夜の都会をドライブしたりしました。

聴いているとあの頃が蘇ります。

私が若いころに1枚2000円とか3000円で売っていたやつが今日は全部で45円。

複雑な気持ちになりました。

安く買えたのは嬉しい反面、私の青春がジャンク品になってしまったような気分です。

CDのタイトルは書きません。

そのアーティストがこの日記を読んでいる可能性は限りなくゼロですが、万が一読んでしまい、自分の作品が10円でも買い手がつかない現実を見て気を悪くしてしまったら気の毒だからです。




コメントを残す