ラスカルを見つける

駅前に派手なマンホールがあると思い、近づいたらラスカルでした

よく見ると「おすい」と書いてあります。

この下には下水が流れているようです。

この蓋の下には、もしかしたら本物のラスカル(アライグマ)が住んでいるかもしれません。玄関の表札のようにそれを示しているのか。

「アライグマ注意!」をやはらかく伝えているのでしょうか。

と、思ったら違いました。

多摩にはラスカルが生まれたアニメーション会社あるそうです。

おかげで多摩では今でもラスカル大活躍。

10月から始まるウォーキングイベントでも、参加すると先着順でラスカルのカレンダーをもらえます。

日高村でも、オムライスを食べるとカレンダーをもらえる企画がありました。

こちらのデザインは有名なキャラクターではなく、描いたのはリベットボタンfeat.日高村の子どもたちです。温かい絵が大人気で、あっという間に品切れになりました。

ラスカルは今どれほどの人気があるかはわかりません。

ただ少なくとも一人、私だけはウォーキングに挑戦するつもりでいます。




コメントを残す