モンブランのカレーライス

昨日は須崎市のパン屋モンブランでランチを食べました。

モンブランにはカフェが併設されていて、焼き立てのパンやモーニング、ランチ、それにカレーライスを食べることができます。

パン屋に来てカレーライスを注文する私もどうかしていますが、

パン屋なのにメニューにカレーライスを置いている店もどうかしています。

正式な名前は「いごっそうカレー」(いごっそうは高知の方言で頑固者)。すごいこだわりがありそうです。

年に1度か2度、ごくまれに本当においしそうなものが目の前に来ると、写真を撮り忘れてしまうことがあります。

昨日のカレーはそんなカレーでした。(そのために表題写真はカレーではなく小豆島のオリーブ畑)。

モンブランのカレーには、小さくぶつ切りにされた(たぶん)ビーフがゴロゴロとふんだんに入り、スプーンでどこをすくっても必ず食べ応えのあるうまい肉が入ってきます。食べ初めから終わりまで豪華な肉を食べ続けられる、これほど贅沢なカレーがほかにあるでしょうか?

おいしいパンで有名なモンブランの作るカレーなのでおいしいのは分かっていました。さらにうれしかったのはしっかりと辛いことです。

やはりカレーはこのくらい辛くないとカレーを食べた醍醐味がありません。ガツンとくる辛さが刺激的でした。

モンブランはパン屋ですが、ここでしか食べられない絶品のカレーを食べにまた行きます。




コメントを残す