マムシの豆知識

昨年の今頃は写真の石積みによくヘビが出たものです。

今年はまだ見ていません。

先日マムシ、土佐の言葉でハメに関する貴重な話を聞きました。

ハメはフキの下で子育てをします。そのためフキを取りに行った人がよく噛まれます。

うちの庭にもたくさんツワブキが生えていて、4月に遊びに来た義母が取って料理してくれました。8月にまた来ることになっているので、今度はマムシに注意しながらツワブキを取るように伝えなければ。

まあ、義母もマムシがいるかもと知ったらツワブキには近寄らないかもしれません。

 

いの町の何とかいう地区はマムシの巣窟です。そこでは毎年この季節になると毎日のように住民が噛まれますが、近くにある病院はちゃんと血清を用意しているので噛まれても安心です。

 

マムシに噛まれて死んだ人は、遺体が玉虫色に光ります。それはそれは恐ろしく不気味です。

 

写真の石積みは本来であればこの時期、ヘビがたくさん住んでいます。

ところが今年はその真下で畑仕事をしていてもまだ1匹も姿を現しません。

写真ではわかりにくいのですが、この石積みはとても歪んでいます。

はて?以前からこんなに歪んていただろうか?去年はもう少し真っすぐだった気もします。

沈む船からはまずネズミが逃げ出すと言います。

もしかしたらこの石積みが崩れそうだから蛇も逃げたのか?

いつものように石の隙間からヘビが顔を出してくれたら安心できるのですが。




コメントを残す