ホタルが大変なことになっています

「今年はホタルがたくさん見れますよ。」

課長に教えてもらい見に行ってきました。

確かにすごい数が飛んでいます。怖いくらいです。

何千という小さな青い光がゆるゆると漆黒の闇を背景に浮かぶ様子は幻想の世界そのもの。

しかし準備もなく写真に撮るとこんな感じ。

画面左側にちょっとしたホタルが一匹だけ写っています。

なかなか写真に撮らせないところも神秘的です。

近くで見るといたって普通の虫なのに光るだけで特別な存在になります。

ただのコケも光ると「ヒカリゴケ」といって遠方から人が見にきます。

人間だけが頭が光ったら嫌われます。

日高村でどこが一番ホタルが見える場所か時々話題に上り、名前の挙がる場所は数か所ありますが、そこに行かなくても村内で水のある場所ならたいていホタルはいます。そして村内はたいていどこでも水があります。

寝ていたら家の中でホタルが光ってびっくりしたという話を聞きました。

ムササビが家の屋根裏に巣を作って困ったという話も。

ホタルもムササビも八王子の山奥まで行って、さらに運がよくなければ見れない生き物でした。

それが日高村では当たり前にいるようです(ムササビはまだ見たことはありません)。

写真は、高知県のローカル情報誌「ほっとこうち6月号」に特集された日高村です。キャラクターの「もへいくん」と最近デビューした新キャラ「シュガーちゃん」そしてある意味村一番のキャラクター「村長」が村の駅ひだかでポーズをとっています。




コメントを残す