ブリをいただく

釣り好きの知り合いから新鮮なブリをいただきました。

すでにカマと切り身になっています。うれしいことにうちが魚を捌いたことがないのを知っていて焼くだけ切るだけの状態に加工してくれました。

さあ夕食という直前に「刺身に盛り付けていたらアニサキスらしきヤツが出てきたので気をつけてください」とメールが。

ネットでアニサキスを調べてグロい映像のオンパレードに一瞬食欲もたじろぎましたが、いただいたブリがあまりにおいしそうなので塩焼きとムニエルと照り焼きでいただきました。

驚くほどおいしい。

それにしても魚がおいしいというのは高知に来て初めて知ったことの一つです。誰かも言っていましたが高知の魚はまったく生臭さがありません。魚の悪い部分を全部取り除いて旨味そのものを食べている感覚です。

こうなると肉よりも魚の方がおいしいかもしれません。最近肉よりも魚が好きになったのは年をとったせいではなく、高知に引っ越してきたせいだと信じたい。

ただアニサキスの刺激的な映像に刺身は断念。

基本的にはアニサキスがいてもちゃんと取って処理すれば刺身でも大丈夫だそうです。




コメントを残す