ニンニクを解き放て

結婚生活をうまくやるコツはひたすら「我慢」につきます。

私などは前世イタリヤ人かってくらい昔からニンニクが大好きなのに、

妻が本当はドラキュラなんじゃないかってくらいにニンニクの匂いが大っ嫌いなので、

結婚以来20年ニンニクを食べたのはたしか2回ほど。妻がどこかへ旅行へ行った隙に慌てて喉に詰め込んだくらいです。

「それもこれも平和な結婚生活のためだ」と自分に言い聞かせ、大好きなニンニクを封印してずっと我慢して暮らしております。

さて、

このほど妻がめでたく夏風邪を引きまして、鼻がバカになりました。

何にも匂いを感じないので「今ならニンニク食べていいよ」とお許しが出たので、さっそくサイゼリヤへ。

ずっと以前から食べたいと思っていたエスカルゴのガーリックバター焼き(写真)にガーリックトーストを添えて。

ついでにペペロンチーノも注文。

徹底的にニンニクを解き放ち、自由に羽ばたかせてやりました。

ところが、予想よりもあまりニンニクの香りがしません。

おそらくサイゼリヤはファミリーレストランなので誰もが安心してランチに食べれるようニンニクの匂いを抑えていると思われます。

せっかくのニンニクチャンスが少し消化不良です。

あるいは、

私自身が夏風邪を引いてしまい鼻がバカになってしまった可能性もあります。




コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。