デパートで働いてみる

写真上は高知市最大の繁華街、帯屋町アーケード。

かつては「おびブラ」と言ってたくさんの人でにぎわっていました。イオンができてからは皆イオンをブラブラします。

その古いアーケードにある高知大丸で日高村のプロモーションをしています。

題して「ディスカバリー高知」。

村外の人と話す絶好の機会です。

全国の百貨店の例に漏れず高知大丸のお客さまもメインはご高齢のご婦人。

そんなおばあさん方にも「日高村といえばオムライス街道」は浸透していました。

お客さんの中には「あたしはオムライスよりもナポリタンやき。」という方も。

ご安心ください。

今年のオムライス街道スタンプラリーでは、なんとナポリタンもスタンプ対象商品です!

しかし、お客さんの言葉で気になるものがありました。

「あたし達はもう運転しないから日高村へは行けない。」というお婆さんのグループのお話です。

日高村にはJR土讃線が走っていて駅が3つもあります。

高知市内から土讃線に乗れば乗り換えなしで、そこはもうオムライス街道です。

それにしても、土讃線ほど影の薄い鉄道はありません。

高知の人は車の免許を取った瞬間、土讃線を忘れます。そして死ぬまで思い出さない。

「土讃線を使うと、こんなにも便利でこんなにも豊かな生活ができますよ。」

となぜJR四国はアピールしないのでしょうか?

古い話になりますが、デパートと鉄道は昔からセットでした。

鉄道を使って高知県全域からおばあさんが高知大丸へ来るようになれば、「おびブラ」も復活すると思います。




コメントを残す