スピリチュアルアイランド四国

職場がシステムの変更をしたためにパソコンにログインできなくなってしまいました。

オムライス街道のHPを今月中にリニューアルしたいのですが、週明けにログインできなければ、少し厳しくなってきます。

もしパソコンが使えなければ今週は大滝山でシダ刈りです。

大滝山は今でこそ訪れる人のあまりいない山です。しかし祈りの島、四国の奥深さをとてもよく感じることができる場所です。

ところで四国のお遍路は、ただのお寺巡りではなく、旅を通じてより大きなスピリット(霊、精神)を感じ自分自身を成長させるプロセスです。遍路道を歩いていると弘法大師さんがそばにいると錯覚するときがあります。四国という土地の特別なスピリチュアルをお遍路は体験できます。

日高村の大滝山は遍路道からは離れていますが、それだけに一般人には解放されてこなかったより深いスピリチュアル体験ができます。今でも山にはかつてここで修行した者たちの息吹が漂っています。

観光庁や国土交通省は外国人観光客向けに四国をスピリチュアルアイランドとして売り出そうとしているようです。

大滝山にはスピリチュアルを求める人のニーズを満たす潜在的な能力があります。四国には人を感動させる不思議な力のある場所が時々あります。大滝山もその一つです。

それにしても高知は江戸時代以前の歴史、特に庶民や地域の歴史をなぜか大切にしない傾向があるようです。

確かに近代化に乗り遅れまいと頑張っている時には江戸時代以前の民俗は忘れてしまうほうがよかったのかもしれません。しかし21世紀の今は逆にその当時の歴史や社会から学ぶことが多くなっている気がします。例えば自然との付き合い方などは非常に多くの知恵が当時の暮らしの中には詰まっています。太刀踊りにみる体の使い方もとても高度なものです。

古くからの習俗をもう一度見直してスピリチュアルという現代的な服を着せて世界に向けて発信すれば四国は全国一のスピリチュアル先進地になります。

大滝山はその中心地になりうる場所です。

写真は高知新港に寄港中のエリザベス2世号。




コメントを残す