シュガートマトの生まれたところ

府中の卸売市場でシュガートマトと再会しました。

高知県日高村特産の貴重なトマトです。

レジのすぐ横、大切に置かれています。

再会を祝しスマホで撮影をしていると、

「1箱2500円!」

と店員さんが教えてくれました。

安い!安すぎます。

先日オーケーストアで売られていた同じシュガーも1箱1500円。

多摩はどうかしています。

ネットでは1箱3300円(送料無料)で売られているトマトです。

(※もしかして3300円には送料も含まれているのか、、、、。)

それはそうとして、

シュガートマトの生まれた場所、日高村のことを知らないからそんな爆安値段をつけてしまうのでしょう。

無知とは恐ろしい。

けがれなき空気、透明で栄養豊富な水、トマトに関わる人たちの熱い情熱、どれをとっても最高級な上に、

加えて生産量の少なさを考えると、この多摩でシュガートマトを拝めるなんて奇跡ともいえます。

以前会った、京都にある江戸時代から続く八百屋の番頭が「運よく仕入れがあって店頭に置けば飛ぶように売れる」と言っていたトマトです。

私なら1万円つけていても迷いなく即行で買います。

ま、今日のところは買わずに帰ってきましたが。。。

これほど希少で貴重なトマトをたったの2500円で買うのは、どうもあまりに恐れ多くて、買えませんでした。




コメントを残す