シジュウカラのとまる木

裏庭の木にシジュウカラがやってきました。

てっぺんにとまって美しい声で歌っています。

隣家の敷地に葉を落とすので伐り倒そうと思っていた木を、気に入ってくれたようです。

いつまでも鳴いています。どこかへ行ったかと思ってもまたすぐに戻ってきて歌い始めます。

切らないでよかった。

シジュウカラも「切るな切るな」と歌っているようです。

いや。逆に「早く切れ」と叫んでいるのかもしれません。

「仕事をさぼるな」と。

基本的に野鳥の言葉は意味不明。

勝手にいろいろ考えるのも観察の楽しみです。

 

表題の写真は件の裏庭の木ではありません。

桜ヶ丘公園の森で見つけた謎の花の咲く木です。

その花

木から落ちてきた謎の花。




コメントを残す